Azure DevOps 無料枠を使ってみた

Azuer DevOpsは五人までなら無料でプロジェクトを作成することができます。
今回は、Azure DevOpsを試しに使ってみました。

まず、Azure DevOpsで何ができるかというと

  • プライベートリポジトリの作成・管理
  • CI / CD ツールを使ったビルド、デプロイ、テスト、の自動化(一個の並列ジョブまでなら無料)
  • チーム内でのWikiの共有
  • Docker統合

といった、自分のような新参者から見ても、とても魅力的な機能が備わっています。
これが無料で試せるというヤバさですよ。

まだ試せていないのですが、他にも「Azure Test Plans」といったテストツールや「Azure Artifacts」といったパッケージ管理ツールがあることに加え、Marketplaceから拡張機能を追加することもできます。

それでは、簡単に、プロジェクト作成から、リポジトリの作成までの流れを見ていきましょう。

プライベートリポジトリの利用

Azure DevOpsのUIはとても見やすく、手順書とか必要ないんじゃないかという感じで、Azureを触ったことがないという人も、この記事を流し読みすれば、Azure Gitは雰囲気で使えるようになるんじゃないかと思います。

まず、URLからクローンするためにプライベートリポジトリーのURLをコピーします。一応、パブリックリポジトリも最初に選択できます。

SourceTreeでクローンすると、パスワードが求められるので、上図の「Generate Git Credential」からパスワードをコピーし、貼り付けます。

ローカルにクローンできたら、ローカルリポジトリに変更を加えてプッシュすると、リモートリポジトリに変更が反映されます。


これがあるだけで、チーム開発時のコードレビューがやりやすくなり、開発が楽しくなると思います。

次回は、、

業務で使うことになりそうなので、CI/CDツールの記事を描こうと思います。

Azure Pipelinesを使ってみた

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)