Djangoの開発環境を作る

Djangoの開発環境を作成した時の備忘録。
2020年2月17日にコピペでCentOS7の初期設定、PythonインストールからMySQLサーバーにログインまでできることを確認。

作成する環境

OS : CentOS7
Database : MySQL
フレームワーク:Django
言語:Python3.7

使用ツール

Vagrnat

仮想環境を管理するためのツールです。
Vagrantfileを用意すると、ファイルの内容に沿ったコマンドが自動で実行されるため、このファイルを共有するだけで、同じ環境を簡単に用意することができます。

Virtual Box

仮想化ソフトウェア・パッケージの一つ。仮想環境を用意するために必要なツールです。
Python環境は、Ubuntu仮想環境の上に構築します。

仮想環境の構築

現時点で、Cent OSのVagrant Boxファイルがインストールできているかを確認します。できていない場合は、各自でインストールをしてください。

次に、以下のコマンドでVagrantfileを作成します。これが仮想マシーンの鋳型のような物になります。

出来上がった、Vagrantfileを開き、以下のような行を追加します。

これで、PCのVagrantfileと同じディレクトリ のworkspace`フォルダと仮想マシーンの`django_rest_frameworkディレクトリ が同期されます。この辺りは各自のセンスで命名しましょう。

これで準備は全て整ったので、仮想マシーンを起動させていきます。

で仮想マシーンを起動させ

runnningになっていることを確認したら。

仮想環境に接続します。

これで仮想環境の構築までは完了!

基本設定

パスワードを聞かれた場合はvagrantと入力します。

Python環境を整える

今回は、仮想マシーン上でpyenvを使うことにします。

MySQLインストール参考
How to Install MySQL on CentOS 7
MySQL5.7の初期設定はこちら
CentOS7にMySQLをインストールした時の備忘録
MySQLの初期設定は別記事にまとめました。
DjangoとMySQLの接続設定備忘録

Djangoプロジェクトを作成

まず、PCとvファイル共有しているディレクトリ へ移動します。

できたら、以下のコマンドでプロジェクトを作成

これで作業が始められそうです。

CentOS7にMySQLをインストールする

仮想環境をシャットダウンする

exitで仮想環境から抜けます。

最後にvagrant haltで仮想環境をシャットダウンして作業終了です。

⬇️現在、Djangoで作成中のアプリケーション
【GitHub】日記アプリ

ハマったエラー
vagrant@127.0.0.1: Permission denied (publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)