Google for Jobのトップページを読んでみた

Google for Jobs: Everything you need to know to optimize for better ranking
今日は、求人情報を横断的に検索できるサービスである「Google for Job」の公式トップページを読んでいきます。

修飾詞な部分は訳さなくても、意味が取れるため、読みやすいようにカッコ付をしていきます。

This tool gives in-house SEOs an edge to rank organically with job ads (in a fiercely competitive recruiting market).
このツールは、(競争の激しい人材紹介市場において)組織的なSEO対策を提供します。

Looking for a new job can be a stressful experience. Even taking away the emotional part of the process, browsing job ads on companies’ websites, apps and job boards can prove to be mentally draining and time-consuming. Google, well aware of these difficulties, decided to find a solution to improve the whole recruiting experience. In May 2017, at Google’s developer conference I/O, Google’s CEO Sundar Pichai gave a sneak peek of it and released its official name: “Google for Jobs.”
新しい仕事を捜す事は、とてもストレスフルな体験になり得ます。採用プロセスにおける感情的なストレスを除いたとしても会社のウェブサイトやアプリ、求人掲示板を拾い読みすることは、メンタル的に消耗し、時間を消耗します。
googleは気がつきました。このことを全体的に解決する一つのソリューションを見つけることの難しさを。
2017年の5月にGoogleのCEOサンダーピチャイは「developer conference I/O」にてプレビュー版とオフィシャル版のサービス名「Google for Jobs」を発表しました。

「a sneak peak」は先行上映とかプレビュー版といった意味みたいです。ITサービスを使っていると、プレビュー版を至る所で見かけるので、覚えておくべき単語かもです。

長いから英文は省略
このアプリを使うと、「求職者側が、一つのアプリケーションで様々な求人情報を見ることができ、求人をしている企業側は、組織的なSEO対策ができる」みたいです。

Indexing API vs. sitemap

(As job posts come and go quickly), in June 2018 Google also released a little gem called Indexing API. The tool, (which has been created to specifically index/deindex Job posting and live stream pages), represents a step forward in making this particular kind of pages available to users just when they need it.
(求人情報が迅速に更新されていくために) 2018年6月から「小さな宝石」と呼ばれるIndex APIをリリースしました。このツールは (ライブストリームと求人票の投稿に index / deindex を実行し) ユーザーが必要とした時に、必要としたページを表示することを実現するための大きな一歩を進めました。

データベースのインデックス機能まだ学んでいないのですがいつか触れたいな。インデックスのことはよく分からないけど、Chromium OSを開発したGoogleだからできるということは分かる。

Opposite to XML sitemaps – which are still recommended by Google for the entire site coverage – the Google Indexing API also represents a glimpse in the future for crawling and indexation, as the speed observed by Googlebots hitting pages are within 5-10 minutes.
XMLサイトマップとは反対に全体的なページをカバーすることを推奨する。(Google Index API は Googlebotがページにヒットするまでの時間が10分から5分以内である。)

To complete the picture, I also recommend having a read of this clever Indexing API experiment by Tobias Williams, which demonstrated how the Indexing API triggered Googlebots to hit normal (non-JobPosting or live stream) pages within minutes, suggesting that Google lets you use the API freely, but without providing you any benefit to the SERP yet.

英語力が追いつかないので今日はここまで。 笑

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)