‘npm run serve’ができない〜nodeのバージョン管理〜

普段、何も考えずに〇〇 updateと打ち込んでしまっているため、その戒めとしての備忘録

ちゃんとバージョン管理ソフトは使いましょう。。。

今回ハマったエラーはこちら

vue create → npm run serveなので特にエラーを起こすような操作はしていません。
「babel」, 「webpack」と言った文字列が見えたのでおそらくnodeのバージョンの問題だろうと思って確認してみると、

いや、もうほんとLTSとかちゃんと見とかないとダメですね 笑
何も考えずにパッケージのアップデートをしたのは誰なんでしょうか 笑

nパッケージを導入

これまで素のnodeを使っていたため、パッケージ管理ソフトを入れることにしました。
nodeのバージョン管理にはnパッケージと言うものがあるらしいのでこれをインストール

n現在の安定版を確認してみると、v12だったため

として、nodeを安定版に変更すると、無事にnpm run serveを通すことができました。

めんどくさいけど、バージョン管理はするようにしよう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)