kubernetes で ContainerCreating (FailedMount)

kubernetes で ContainerCreating (FailedMount) Podが起動しなかった問題 以下の記事にて解決 kubernetes で ContainerCreating (FailedMount) で Pod が起動しない時 Docker + Kubernetes で構築する Webアプリケーション 実践講座 上記の講座を受けている時に、mongodb Podが起動しないという問題発生。 変更を加えたマニフェストファイル

WordPressに記事を投稿した時に、”403 Forbidden”のエラーが出る

記事を投稿しようとした時に、今までは、普通に投稿できていたはずなのに、"403 forbidden"エラーに苦しんだので、備忘録を残しておきます。 結果として悪さをしていたのはおそらく以下のJSONが悪質なスクリプトだと判断されて、権限エラーになってしまったみたいです。

最初は、1行あたりの文字数制限とかを疑っていたのですが、そんな物は無かったようですね 笑☺️ 一応Xserverのトラブルシューティングの項目を貼っておきます。 結構いろいろ書いてありますが、今まで普通にエラーが出ていなかったのであれば、WAFの設定が怪しいですね。 サーバーのご契約が有効でない(サーバーの「凍結」状態) ドメインフォルダ内の[ public_html ]にデフォルトドキュメント(index.html や index.htm)がアップロードされていない [ public_html ](または上位フォルダ)が削除されている 特定のIPアドレスからアクセスを拒否している パーミッションに誤りがある .htaccessの記述に誤りがある WAF設定により不正アクセスと判断され拒否されている 記事の中にSQL文やJSONが書かれている時は、WAFにひかかっているかもという記事でした。

Kubernetes環境構築時に”The connection to the server 10.0.2.15:8443 was refused “

前提 以下の参考サイトを元に、Ubuntu環境、CentOS環境両方で試したのですが、同じエラーになってしまいました。 参考サイト:VagrantでkubeadmでKubernetesを起動する \ CentOS仮想環境は参考サイトの物を使いました。Ubuntuも確かそうだった気がする… 一応、最後には上手く行ったので備忘録を残しておきます CentOS 7 Vagrant up`した後に`kubectl versionと打つと、

となりHostServeにアクセス拒否されたというエラーになってしまいます。 調べてみるとFire wallのせいでアクセス拒否されている可能性があるとのことだったので、以下のコマンドを実行しておきます。

終わったら、kubernetesクラスターを実行しましょう

ここでこけたら、VMマシーンのメモリが足りていない可能性あり Ubuntu vagrant up`した直後に`kubectl vaersionを打ち込むと以下のようにエラーになってしまいました。

HostServerにアクセス拒否されたというエラーです。 どうやら設定が足りていないようです。スーパーユーザーで試してもダメでした。

ここで助けられたのが以下のサイトです。 参考サイトkubectl実行時に「localhost:8080 was refused」が出る時の対処

kubectl config viewで、Kubectlの接続ファイルが空であることが確認できたので、以下のコマンドを打ち込んでいきます。

kubernetesの接続設定が終わったので、kubernetesクラスターを実行します。

後半のエラーが気になりますが、Kubeコマンドが使えることを確認できました。 2020年4月5日 追記 この記事を読んでいる方のほとんどが学習用にKubernetes環境を用意しようとしている方だと思います。 僕自身もKubernetesについて学習している最中なのですが、今はローカルに全てのKubernetes環境を用意するのではなく、クラウドサービスのKubernetesエンジンを使って学習を進めています。 こっちの方が設定エラーなどに気を取られず、学習を進められるための準備としては手っ取り早いかと思います。 GCP クイックスタート | Kubernetes Engine のドキュメント | Google Cloud Google AccountでGoogle…