Azure PowerShellを導入してみた。

業務にて、Docker ContainerをAzure上にデプロイする必要があったのですが、Azure Powershellの存在を知ったのが今日だったこともあり、時間内に作業が終わらせられませんでした。

今日やろうとした作業:「チュートリアル:Azure Container Registry タスクを使用して、クラウドでコンテナー イメージをビルドしてデプロイする
Azure Cloud Shellが使えれば楽勝なんだろうけど、権限の問題で使えなかった。仕方なくAzure PowerShellでやる方法も模索するも上手くいかず…

エンジニアであるからにはコマンドラインから、クラウドを華麗に扱えるようになりたいですね!!
ということで、今日はAzure PowerShellのドキュメントを読んでいこうと思います。

まずは、コマンドでAzure Power Shellを入れていきます。Macユーザーはお馴染みのbrewコマンドで、WindowsユーザーはChocolateyを使いましょう。

インストールを確認します。記事を書いている時のバージョンは6.2.3でした。

モジュールをインストール。

cross-plattformを目指すために、必要な機能をモジュールで提供しているみたいです。詳しくはDocumentへGo

赤線部のURLをブラウザで叩き、赤線部のコードを打ち込んで、Azure PowerShell経由でAzure Portalにログインすることができました。
MacやLinuxをよりもWindowsのPowerShellに慣れているという方は、Azure CLIではなくて、Azure PowerShellを使うのもアリかもしれません。

参考:YES YOU CAN! USE POWERSHELL IN MACOS TO CONNECT TO MICROSOFT AZURE
公式:Install the Azure PowerShell module

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)