Syntax Highlighterプラグインでhtml特殊文字がエスケープされてしまう。(文字化け)

気合を入れてWordpressでブログを運営してみようと思いノリノリでSyntax Highlighterプラグインを入れてみたのですが、理想通りのものにならず、悔しい思いをしたのでその時の備忘録。

2019年11月16日時点でSyntax HighLighterはPrismaticというプラグインを使っていたのですが、html特殊文字の扱いに苦労したため、Crayon syntax highlighterに乗り換えました。

自分が使っているテーマはアルバトロスです。

現状

左側がマークダウンの状態で、矢印のように変換されるはずなのですが…

実際のところ「>」が特殊文字として判定され、変換されてしまいます😭

Prismの配色がとても気に入っていただけに本当に残念

いろいろと調べたのですが、結局Crayon syntax highlighterに乗り換えました。

Crayon syntax highlighterの場合、設定にて

赤四角のようにチェックを入れるとhtmlタグが不用意にエンコードされなくなります。

ただ見た目に関してはprismの方を圧倒的に気に入っていたので、できればもう一度prismに乗り換えたいなぁ

WordPressのシンタックスハイライトをprismjsに乗り換えた

2020年5月4日追記

https://curio-shiki.com/blog/webpage/gutenberg-crayon-syntax-highlighter

グーテンベルグでCrayon Syntax Highlighterを使う方法に変えた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)